りおんが決めた日。


りおんは小さな頃から大きな病気には無縁でした。
まだワタシが飼い主だった時に一度だけ深夜に救急病院へ車を走らせた事があります。

ふと、りおんを見たら酷く震えていて痙攣の様な状態でした。
当時はネットで調べて…ではなかったので慌ててハローページに載っている夜間救急病院を調べて抱き抱えて向かいました。


車を走らせて10分後…
『あれ?りおん、戻った…!』(笑)

一応連れて行きましたが、全く何の症状もなかったので高い診察料だけ取られ帰宅しました。



その後、病院にお世話になる時と言ったらワクチン接種の時や外耳炎になった時くらい。


12歳になってから急に酷い咳をしだし、検査をすると心臓肥大との事で母が頻繁に病院へ連れて行く様になりましたが、それまでは健康体そのものでした。


そんなりおんですから、ワタシたち家族はまだまだ大丈夫だと信じ切っていました。







それなのに、突然過ぎるお別れ。










仲良くして頂いているブロ友さんの所で、これまで沢山の悲しい辛いお別れを見せて頂きましたが、みんな年齢と共に少しずつ弱っていき、介護が必要となり沢山の時間を一緒に過ごして最期の日を迎える。


これが普通の流れだと思い込んでいました。





まさか、いきなりいなくなるとは誰も想像していませんでした。

もちろん全く心の準備なんて出来ていません。




おいてけぼり状態。




『後悔』ばかりが湧いてきます。

あの時ああすれば良かった、こうすれば良かった。



今更考えても仕方ないのですがどうしても思わざるを得ません。






でも。
りおんにしたら、寝たきりにならず、病院へかかることもなく、食べ物が食べられないなんて事もなく空へ行けたのは最高の幕引きだったのかもしれません。


辛いのは残された家族だけの方がいいに決まってる。





ただ、母が心配です。
とても。













その母が今日、びっくりする事を思い出しました。





りおんが亡くなったのが2016年1月26日。
そして、
りおんがこの家に来たの(ワタシが元夫と離婚を決意し実家に帰った日)が2008年1月26日。





きっちりまる8年でりおんは去ったんです。




もう鳥肌が立ちました。


先日コメントで教えて頂いた
『ワンコは最初から最期の日を自分で決めている』という言葉を思い出しました。



でも、どうせ1月26日を選ぶならせめてキリの良い10年目とかにして欲しかったよ、りおん。








この寂しさはいつかは消えるのでしょうか。























りおんのお棺に。



沢山の物を入れました。
*りおんのごはん
*トッピング
*りおんの好きだったおやつ
*牛乳
*リード
*お花
*家族みんなで撮った写真
*皆様からのコメントをプリントしたもの
*母、私、妹からメッセージを書いた御線香

そして。
*りおんに作ったお洋服








りおんはこれまで洋服を着なかった日がありません。
ワタシのとこへ来て最初の1、2ヶ月は小さ過ぎて服がなかったので裸族でしたがそれ以降は毎日です。
チワワだから毛が抜けると言う理由もありますが、何より洋服が似合うからと着せていました。














最期の日はこの洋服を着て旅立ちました。




そんなりおんに秋冬物を2枚追加して、更に夏物を3枚の合計6枚入れてあげました。




りおん、足りないって怒るかな。
衣装持ちなりおんには少なかったかな。












ここ一年、ワタシがBelieveを開始してからはワタシの服しか着なくなって。


なのに、実は母がサイズを間違えてワタシに伝えていたことが発覚。
その通りに作っているのに首周りがガポガポだったり着丈が足りなかったり。

サイズオーダーなのにサイズが合ってない(泣)







で、先日帰省した時に自分でりおんを測り直して実は先週パターンを作り直した所でした。






再販分のお仕立てが終わったらすぐに作り直す予定だったのに…








新作を着てる姿を見るのを楽しみにしていたのにな。
お供えしたら向こうで着てくれるかな。








服より美味しいモノを入れてよ!のりおんにポチッと。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自己紹介。

CHIE

Author:CHIE
2013年2月15日生まれ。函館出身のヒコ♂です。
体重4.2㎏のデカヨーキー。
極度の人間大好き、ワンコ嫌いの超内弁慶。
飼い主CHIEは細々とワンコ服屋やってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
<Believe> はこちら♪
Believeバナー
どうぞお気軽に。メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ。
どちら様もポチッと。
ヒコさん何歳?
ありがとう。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR