異物の正体。



本日も記録として残したいので少しグロい写真が出てきます。
苦手な方はスルーして下さいます様、お願い致します。













無音の夕食を食べ。
待ちに待った獣医さんから連絡が来たのが21時前。





先生『今、内視鏡手術が終わりました。開腹せずに取り出す事が出来ました。超音波で確認しましたが、腸にも達していませんでした』


ワタシ『あぁ、良かった…本当に良かったぁ(泣)本当にありがとうございました(泣) で、何を飲み込んでいましたか?』



先生『それが…びっくりしたのですが…




ペットボトルなどの蓋の下部に付いているリング状の部分でした。』





ワタシ『えぇぇーーーーーーっ?!よ、よく内視鏡で取れましたね。』





先生『かなり難しかったですが何とか出せました。良かったです、本当に。明日退院出来ますので11時頃お迎えに来れますか?』





ワタシ『はい、分かりました!ヒコは今どうしてますか?』




先生『麻酔から醒めていますがまだボォーっとしてます。でも大丈夫ですよ』



ワタシ『そうですか。良かった(泣)本当に本当にありがとうございました(泣)!』



と、電話を切りました。








でもワタシ。
この時はまだ分かっていませんでした。



ペットボトルと先生が仰ったので、蓋はプラなんだとばかり。







翌日。

11時ジャストに病院へ着き。
先生から詳しい説明。



まずは異物ですが…
と出てきたのが。









ワタシたちは絶句。






そう。


まさかの。









コレ。









プラではなく金属でした。







でも、実はこれが不幸中の幸い。

プラは超音波なら発見出来るらしいのですが、至って元気で痛がる様子もなかったヒコさん。

ワタシは念の為のレントゲンはしておこうと思いましたが、超音波までしようとは思いませんでした。



金属だったおかげでレントゲンで発見出来、即処置が出来た訳です。

プラならそのまま今も胃の中に残っていたかもしれません。









あくまでも先生とワタシの予想ですが。

か◯あげくんを食べ歩きしていた人が捨てたゴミをヒコさんは拾い食いしたんだろう。
実際、か◯あげくんの袋も嘔吐物から出てきました(泣)
多分、爪楊枝には少し肉が残っていて、それをワタシに取られまいと慌てて口に入れたので紙やこの金属部分も一緒に飲み込んだんじゃないかと思います。





一歩間違えたら。
内蔵を傷つけてしまう物です。





だけど幸いな事に。


(左が胃の入り口から、右が胃の出口)



金属が入った事で多少の炎症は起こしていますが傷がついた形跡もなくとっても綺麗な状態。
ポツポツと赤くなっている部分が炎症。

今後は数日間胃薬を飲めばOK。

食事も普段どおりで大丈夫だそうです。






驚いたのが土曜日朝は4.3㎏だったのが手術後4.1㎏。
たった1日で200g減。


内視鏡手術の夜は点滴のみでしたが朝は普通に病院でフードを食べているのに、です。



どれだけ吐いたのかが分かります。




一通り説明が終わったところでヒコさんが連れてこられました。




明らかに表情が変わり、正気を失ってました。
ワタシらを見た瞬間。
もう、大興奮。





怖かったよね。
めちゃくちゃ怖かったよね。

ごめんね、ヒコさん。
もう二度とこんな事にならないようにするからね。


早く家へ帰ろうね。












結果的にかかった金額は75793円。
最後に先生にもう一度お礼を言い、病院を後にしました。





病院を出て、我慢していたのであろうおしっこやウンチをし。
ヒコさんが家族になって2年10ヶ月。
初めて歩きたがらないヒコさんに胸を痛めつつ、抱っこで家路につきました。






家に着いた瞬間。




やっと心からホッとしたのか。
これまた初めて聞く大音量のイビキをかきながら寝始めました。















おかえり、ヒコさん。
本当に本当におかえり。



待ってたよ。
ヒコさん。








この二日間の記録はこれにて終了です。
読んで下さった皆様、ありがとうございました。
お見苦しいものを申し訳ありませんでした。
不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら心からお詫び申しあげます。






そして。

沢山の皆様の温かいメッセージのおかげで、どうしても攻め続けてしまう自分を抑えることが出来ました。
ヒコさんは基本的に家では何かが落ちていても『拾い食い』はしません。

1歳になるまではそれこそ何でも口にしてヒヤヒヤしましたが、1歳を過ぎだ頃から全くなくなりました。
それはそれは徹底的に躾をしたから。
命に関わる事だからと本気で躾しました。
時にはソファーの上へ投げとばして叱りました。


だからこそなのか、一歩外へ出ると変わります。
ただ毎回ではない事でワタシは油断していました。
1、2メートル先を見ながら歩く…を徹底できていなかった。


家で出来ても外で出来なかったら全く意味がありません。
もう一度心を鬼にして躾ようと思います。
自分がこんな思いをしたくないから…と言うよりこんな辛い思いをヒコさんにさせない為に。

ヒコさんとこれから10数年、一緒にいられる為なら鬼にでも悪魔にでもなります(誓)







ランキングに参加しています♪
元気になったヒコさんにポチッと!
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自己紹介。

CHIE

Author:CHIE
2013年2月15日生まれ。函館出身のヒコ♂です。
体重4.2㎏のデカヨーキー。
極度の人間大好き、ワンコ嫌いの超内弁慶。
飼い主CHIEは細々とワンコ服屋やってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
<Believe> はこちら♪
Believeバナー
どうぞお気軽に。メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ。
どちら様もポチッと。
ヒコさん何歳?
ありがとう。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR