【速報】ついに捕獲成功か。


先日から世間を賑わせている謎の未確認生物ヒッシー。
先週末も多摩川で多数の発見が報告されている。


このヒッシー研究の第一人者、CHIEさん(38)は知人で長年新聞社に務め、数々のスクープを挙げてきた桃太カメラマン(2)に協力を依頼。
(調査結果は→




しかし、桃太カメラマンとカイヌッシーの力を持っても捕獲には至らなかった。







が、翌日。
とある筋からの有力な情報を得、急いで現場へと向かった。







すると、何とすぐにヒッシーが現れたではないか。













何よりも驚くべきは、場所である。





ここはずっとヒッシーが生息していると思い込んでいた多摩川ではなく、何と研究所から徒歩10分程の場所なのである。




灯台下暗し、とはよく言ったものだ。
と、ため息をついた瞬間。








ヒッシー自ら飛び付いてきた!










初めて捕獲したヒッシーは、まるで軟体動物のよう。






また、真っ黒だとされていた。





爪はグレーがかっていた。








とにかく酷く。




暴れるため、アシスタントのダン・ナさんは捕まえているだけで精一杯であった。






噛まれないように。








慎重に慎重に扱った。












更には記録ビデオに収める事にも成功。



20170314001505330.gif



どうやらヒッシーは水にとても弱いらしく、目に見えてパワーが落ちた。
また、水がかからないように自ら蛇口を押さえることも出来ることが新たに分かった。






そのおかげか、やっと大人しくなった。

あとは研究所にと持参していたゲージに入れよう…







としたその瞬間。








「キー!!!」と大きく鳴いたかと思うと、スルッとウナギのように手をすり抜け。













森の奥へと姿を隠した。









誰もが成功かと思った今回の捕獲はこうして失敗に終わったのであった。





しかし、収穫は沢山あった。
ヒッシーは軟体である事や爪の色、捕獲されると耳が自由に操れなくなったり、酷く水に弱い事。


何よりの収穫はヒッシーの生息地は多摩川だけではないと言う事である。






これにより、研究所は今までの調査方法では被害を食い止める事が難しいと発表。




全国から情報を求め、必要があれば新聞記者とカメラマンをタクシーで派遣する予定であるとの事。→
前回市外局番が抜けていた為訂正。
連絡先→88-1538-4848(ヤッパヒコサンハヨワヨワ)





協力する方も、協力したくない方も、まだこの話続いてたの?な方も、とりあえずヒッシーにポチッと(汗)!
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自己紹介。

CHIE

Author:CHIE
2013年2月15日生まれ。函館出身のヒコ♂です。
体重4.2㎏のデカヨーキー。
極度の人間大好き、ワンコ嫌いの超内弁慶。
飼い主CHIEは細々とワンコ服屋やってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
<Believe> はこちら♪
Believeバナー
どうぞお気軽に。メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ。
どちら様もポチッと。
ヒコさん何歳?
ありがとう。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR